DSC01131

誕生日


2012年4月27日、47歳になりました。
ずっと一年間自分は47歳だと思ってましたが1歳間違えていた様です。
芽依がFLOのキャラメルプリンタルト買ってきてくれました~ここのタルト美味しいんだよね♪ありがとう♪
これからも宜しくお願いします。

DSC01128

PrincetonTec APEX改 バッテリーライフテスト

PrincetonTecのヘッデン – APEX PRO、元々はCR123A×2本使いだったんだけど、長時間動作用に18650×2本直列のバッテリケース外付けに改造してました。これでトータル6時間以上動作。
ところが電圧高くなった分(6V→7.4V)放熱が問題に。。長時間連続点灯しておくと保護回路働いちゃって消えちゃうんです。
センサ(サーミスタ)が冷めた頃に再び電源投入でちゃんと点くんですけど一晩中つけっぱが予想されるレースとかじゃ困っちゃう。。

というわけで、18650×2本を並列にしたバッテリーケースを作りました。そして電池交換が簡単に出来るようにΦ2.5mmジャック&プラグをつけました。
電圧が下がった分暗くなりそうですけどどうなんだろ??中にDC/DC入ってれば関係ないし。。逆に電圧下がり過ぎると減電圧検出で電源供給カットされちゃうかも。。

そんな時は実験です。

まずはこのヘッデンの消費電流の測定

スポット、光量大 850mA
スポット、光量小 240mA
拡散、光量大   320mA
拡散、光量小   047mA

18650の容量はまあ2200mAhぐらいでしょうか、手持ちの中には3000mAhなんてのもありますが、、、

このヘッデン、通常は拡散モードの明るい方で使ってます。
平地や下り坂で飛ばす時はスポットを使うこともあるけど、まあ殆どは拡散モード。
とりあえず机上で拡散モードでのバッテリーライフを計算してみると。。

2200[mAh] * 2 / 320[mA] = 13.75[hour] = 13時間45分

90%ケースで考えても12時間22分
おお、日の長い5月なら一晩持ちますね。

そして実測、バッテリはフル充電。拡散モードの光量大で連続点灯。

【結果】
11時間30分で一度減電圧表示(LEDが2回点滅)、でもそのまま点灯し続けました。
14時間ちょうど連続点灯しました。ほぼ計算通り。すばらしい!
減電圧検出時はアラート返すだけなのですね。よかった。

このバッテリケースを2個作りました。バッテリ交換は接続のジャック&プラグを差し替えるだけ。
ふふふ、いいね♪

DSC01064

PIRATE LATITUDES / Michael Crichton

「パイレーツ – 掠奪海域」
本屋で見かけた「マイクル・クライトン」の文字、帯の「巨匠の死後発見された遺作」って言葉みただけで購入。
あらすじも帯の「17世紀半ばのカリブ海~」も目に入らず。

マイクル・クライトンって言ったらアンドロメダ病原体やジュラシックパーク等で有名なSF冒険活劇とか医療サスペンスとかをはじめとしたいろんなジャンルの作品を書いてる作家で惜しくも2008年に他界しちゃった人。娯楽色強くて米国の東野圭吾って感じ…いや、それじゃ巨匠に失礼か。。

で、てっきり現代の話だろうと思い込んで読み始めたら、舞台は1660年代のカリブ海。むむ??
まあプロローグなんだろう。。お宝が沈んでとかなんとかで現代に場面が変わって。。って思ってたらそのまま話が進んでるw

しかし、この歴史小説が面白い!
スペインとイギリスの植民地争いまっただ中の時代。海賊行為を国が認めていた(私掠行為というんだが)時代。背景は実際の17世紀を正しく描画していました。
とある私掠人がスペイン領のとある港に停泊中の財宝運搬船を襲うというあらすじなんだが、登場人物は個性的だし、次から次へと起こる危機やトラブルでテンポいいし、とても楽しめました。
ただ、「アイツ」はないだろう。。。「アイツ」が出てきた時はがっかりしたよ。このストーリーなら「アイツ」は不要でしょお。
後書き読んで知ったのだば、この作品はクライトン死後に彼のマックの中から出てきた原稿だそうで、推敲を重ねていればたぶんカットされた部分じゃなかったのかな。。クライトン本人も未推敲の作品が世に出てどう思っているのだろうか。。彼のファンとしては嬉しいけどね。

と、まあ、あまり書いてもネタバレになっちゃうからこれくらいで。
純粋に楽しめた娯楽作品でした。そしてスピルバーグが映画化するらしいけど、たぶんヒットしないなw

★★★★☆

DSC00785

マネーボール

ずっと見たくて見そびれていたマネーボールをやっと観ました。
上映期間中は時間とれなくて、ブルーレイを予約してて発売日ゲットしたのにやっとみた。

原作本先によんじゃってたからがっかりな部分も多々あったけど。。。まあ全体的には良し。
でも本の半分ぐらいしか映画になってないよ。
逆に本にはほとんど(全く?)登場しなかった娘がよく出てたり。あんまり難しい話にするよりこっちの方が万人受けするんでしょうけど。。
原作本では「ポール・デポデスタ」という名前のGM補佐がピーターなんちゃらって名前で出てきて、ちょっと戸惑った。あれ??ってね。
映画化で本人が本名を使われるのを断ったらしいとあとからググって知りました。

ちなみに、ポール・デポデスタはこんな人。映画の太っちょピーターとは似ても似つかないですね。

でも、その<ピーター>がいい味出してました。

★★★☆☆

DSC00783

Dead or Alive / Tom Clancy

ジャックライアンシリーズの最新刊です。
きっとツマラナイと思いながらも読んでしまいました。
やっぱりいまいち。。
細かく描画したいのはわかるけど、スピーディーさを優先してさっさと話を進めた方が良かっただろうに。。
半分の2冊に凝縮すればもっと面白くなると思います。
とはいえ、複数進行の話がだんだんひとつにつながっていく終盤は盛り上がります。
この辺は流石トム・クランシー

次作ではまたジャック・ライアンが大統領になりそうでゲンナリ。。。

★★★☆☆

DSC00707

ロンドンオリンピック代表選考会

そろそろ終盤、熱い戦いはまだ続いていますけど、とりあえず咲のレースは終わりました。
3日の100ブレは1分11秒73の自己ベストで34位、今日の200ブレは150まではベスト-1秒だったのだが最後ピヨってベスト更新ならず、2分34秒84で37位でした。
100も200もチャレンジャーらしく前半から突っ込んでいって良かったよ。お疲れ様。あとは先輩達の応援に徹して下さい。
先輩といえば、東海女子ブレの先輩達カッコよくて菜々香さん、理絵さん、紗綾さんが準決勝進出。さっきやった準決勝では残念ながら菜々香さんが残れなかったけど理絵さんと紗綾さんが明日の決勝に進みました。ドキドキするなぁ~~

いつもはJOの時(3月末)に辰巳は桜が満開なのに、今年は今日7~8分咲って感じ。帰りに桜見ながらお弁当食べて帰って来ました。

芽依のJO、咲の選手権が終わりました。5月最初に咲のジャパン・オープンがあって、そして今度は俺の番だな。練習しないとね~