DSC01624

STEEL and Other Stories / Richard Matheson

映画「リアルスティール」の原作
リチャード・マシスンは前に「運命のボタン」の時に短篇集を読んだ以来。
別にマシスンの本が読みたかった訳じゃないんだけど、三鷹のツタヤにロクな本が置いてなくてさ。。。
そのツタヤに置いてあった数少ない小説の中で、映画が面白かったこいつを読もうと買った訳。
で、帰りの電車で読み始めて、あれ????

これ読んだことある!

前回読んだマシスンの短篇集に「四角い墓場」というタイトルで掲載されてたヤツでした。

実は映画とは全く異なるストーリーで、映画見た時に原作本読んでたとは気が付かなかったぐらい別物。
人間のかわりにロボットがボクシングするってとこだけが唯一同じところ。
この短編からインスピレーション広がって映画の脚本が出来たんでしょうね。

ま、他の短編もマシスンならではの不思議ちゃんワールド。
この手の小説って深く考えずにささっと読むに限る。

この短篇集に収録されてる中では「白絹のドレス」が面白かったかな。江國香織作品と同じ匂いがしました。
面白いのもありつまらないのもあり、全体では真ん中~ちょっとつまらないぐらいか。

★★☆☆☆

DSC01622

MILLENNIUM / Stieg Larsson

ミレニアム1「ドラゴン・タトゥーの女」
ミレニアム2「火と戯れる女」
ミレニアム3「眠れる女と狂卓の騎士」

最高傑作のミステリ三部作を読みました。
いやぁ~すごかった。読み応えあった!
1は謎解き本格ミステリ&サイコサスペンス、2はノワール、そして3はスパイ小説&リーガルスリラー
シリーズものでここまでミステリのすべてを網羅した作品は初めて読んだ。
俺は3が一番好きだな。裁判のシーンとか手に汗握って電車乗り過ごしちゃったw
リスベットの双子の妹が4への布石だったと思われるが作者が亡くなっちゃったんで続きが読めないのが残念です。。

1:★★★★☆
2:★★★★☆
3:★★★★★

DSC01617

都大会

だいぶブログ更新が停滞してます。。いろいろと忙しくてね。。。
時間さかのぼっていろいろな出来事を更新していきます。
まずは一番最近の話から。

6月24日、25日に高校の競泳の都大会がありました。
芽依は今年は400mと800mに出場。久しぶりのロングです。
元々ロングの選手だったんだけど、何年か前から短距離にS1変更しました。フリーとかバッタとか。
この一週間前のクラブの大会では半バタで出場し、夏のJO標準タイムを突破しました。
一週間後の今回はロング。
いやはや、器用な選手です。

都大会の上位8人までが入賞で関東大会に進出できます。

土曜日の800、久しぶりのロングというのに積極的に行ってました。
よい泳ぎだったと思います。でもレベル高かったね。
日曜日の400、これまた積極的なレースで、最後の100のスパートとか芽依らしくてかっこよかった。

結果は自己ベストを更新したものの10位。惜しい!!

本人も悔しそうだったけど、でも納得してたみたい。
悔しさとやりきった感が伝わって来ました。チームメイトの前だったから強がってたのかな。

帰宅後、埼玉県大会の速報をみると、タイムではライバルの子にことごとく勝ったみたい。
たらればの話だけど、もし埼玉で出場して同じタイムを出していたら400も800も入賞で関東大会出場できることになってました。
その「たられば」の話を芽依に話したら「八学に入ったから速くなれたんだもん、八学に入って良かったよ」って。かっこいいよ。

来年もロングで行くのかな?どうするんだろう??
芽依が自分で決めること、俺もきっこも口出しはしません。ただ、後悔だけはしない様にね。

_MG_1037

TGG2012

だいぶ遅くなったけどTGGの話。(といってもFBにポストした内容そのまま)

写真がたくさんありすぎて整理に時間かかりそうです。
笠取山から柳沢峠までDSLR片手に走り、選手が来ると立ち止まってシャッターを切り。。。あまりにもブレブレの写真が多すぎwwww半数ぐらいはボツかな。。。
明るいレンズとISO感度の高いカメラが欲しいです。だれかちょうだい!!
(EF85mm F1.2とか希望)

写真は笠取山に一番でやってきたばぶぅ。
このちょっと前には富士山も見えてたんだけどね。

スタッフの皆さん、当日好き勝手にやらせてくれてありがとうございました。
そして参加してくれた皆!応援に来てくれた皆!ありがと~~

楽しかったぁ~~~
来年は選手として走るぞ!!(実はカメラマンでもいいなとも思ってるww)