タグ別アーカイブ: camera

DSC08854

LED Ring Light for Macro


最近工作のレポートでマクロ撮影を多用してます。
でも難しいんですよね。ライティングが。
ストロボたくと光っちゃうし、近づき過ぎちゃうとご覧のとおり影ができちゃったり。。
ということで、マクロ撮影用のリングライトを作ることにしました。



部品箱を漁ると、マキシムのMAX879というDC/DCが見つかりました。
入力1Vから動作して出力は可変。これ使えば電源がAA2本とかでいいかも。
という訳でブレボで実験。よしよし、ちゃんと計算どおり動いてます。



白色LEDは6000mcdっていうのが8本あったのでこれを使うことにしました。
IFは約17mAになってます。最大定格が25mAだからちょうどよいですね。
8本の合計が136mAでこのチップの最大容量以下だったのでよしとします。



LEDを固定する板は、1mm厚のアクリル板を10cm×10cmにカットし、その中を直径8cmの円形にくりぬきました。
サークルカッターで切ったんだけどなかなか切れませんね。。欲張って力入れると中心がずれたりするので、あまり力を入れずに何度もカットするのが正解でした。



LEDの固定はこんなふうにしました。
アクリル板にΦ1.0の穴を2.54ピッチで開けて、LEDの足を通して、その足をアクリル板の反対側に7.62mm角に切ったユニバーサル基板のランドに通してハンダ付け。これで固定しました。
これを丸い穴の周りに8個、間隔は適当です。。。



8個のLED全部配線したところ。抵抗はホントはチップの使いたかったんだけど、100ohmぐらいのチップのがなかった。。
一番小さいので1Kだったよ。。チップ抵抗の小さいのが欠品中です。補充しておかないと。



ブレボのDCDC回路につないで光らせてみたところ。
いいんじゃない?



この状態で試しに撮ってみた写真。
うわっ!照射角せまっ!!あとLEDの間隔広すぎっ!!
この口径ならLEDの数を倍にするとか、または口径を小さくするとかしたほうがよさそう。。
なんでこんなに口径を大きくしたのかというと。。。



このフィッシュアイコンバージョンレンズを使った時に使いたかったから。
このレンズつけるとストロボ使えないしね。



デコデコ回路はフリスクケースに入るサイズにカットしたユニバーサル基板に組みました。
Lとかキャパとか探せばチップのがあるはずなんだけどメンドクサイし、ケースにも余裕があるのでこブレボに使ったリードタイプをそのまま使いました。
たださすがに立てては入らないので寝かしてます。


AA2本の電池ケーススイッチ付きby秋月がフリスクケースとぴったりサイズ。
両面テープでフリスクケースと張り合わせて完成!



マクロコンバージョンレンズつけておもいっきり近づいて撮影。
変な影も出ないしよろしいんじゃないでしょうか?
光が青みがかっているのでホワバラを調整したほうがよさそうですね。



こおゆう写真を沢山撮るんですよ。
うーん、ツルツルしてるとこに光源が映り込むなぁ。。。
ディフーザーをなんかこしらえないとダメかな??
おいおい考えるとします。



フィッシュアイ付けたときはこんなふうになります。
なかなかイカツイっす。



マクロコンバージョンレンズ付けた時。
うーん、こっち用に口径の小さいリングライト作ろうかな。。

というわけで、サンデーナイト工作教室でした。


回路図はこれね

DSC07872

定点観測用インターバルタイマ

一定間隔でシャッターを切り続けるコントローラを作ってみた。
きっかけはこの動画

露出3秒で撮影した画像3178コマから動画を作成したもの。
この手のものは以前から知っていたが流星群の撮影にはこりゃいいな!って思ったので真似してみたくなった。

EOSさんには有線リモートコントローラが接続できるから、ここに何かしらつなげば制御できるだろうとグーグル先生に聞いてみたところ、EOSの有線リモートはΦ2.5mmのステレオプラグで根元がGND、真ん中がAF動作、先端がシャッターとのこと。
どちらも数ボルトかかっていてGNDに落ちることでONなのでオープンコレクタでONさせてやればよいということ。
これがわかればもうできたも同じ。

マイコン+液晶+ロータリーエンコーダあたりが普通考える構成だが、とりあえずやってみたい、精度なんて要らない。ってことで簡単に555使って作ってみることにしました。

つーことで考えたのがこんな回路。パルスのL側、短い側はシャッターを押してる時間、数百ms。そしてH側をボリュームで調整できるようにしました。最終的には微調整しやすいように1Mohmと50Kohmの直列+2.2Kohmとしました。
出力を最初のトランジスタで反転させて、次のトランジスタをオープンコレクタでシャッターをONします。
ここにモニタ用のLEDもつけました。



ブレボで実験中
つか、接続一発で設計通りの動きします。そりゃそうだ、こんな簡単な回路だもん。



パルス幅も計算通り。
ただ、ON時間がコンマ3秒だとちょっと長すぎる感じがしたので、Rbの定数を最終的には3.3Kohmにしました。



ブレボでちゃんと動作したのでユニバーサル基板で作成
タイマIC555は何年前のでしょうか?ピンが酸化しちゃってて半田のらなくて天ぷらなっちゃいそうだった。
ケミコンも古そう。。



適当にころがってたアクリルケースがジャストサイズだったので使いました。
電池は単三×2本。このJRCの555DはCMOSなのか??わかんないけど3Vでも動いたからCMOSなんでしょ。
ボリュームは最初1Mと100Kのシリアル接続のつもりだったんだけど穴あけしてから問題発覚。
高さ足りなくて蓋が閉まらない!!
横にしたら入るけど今度は2つのボリュームが干渉しちゃう。。。
ってことでパーツボックス漁って小型のVR探し。50Kの小型のがあったので1M+50Kでいくことにしました。


というわけで完成。
実験でベランダから外の風景を撮影してみました。
インターバルは約10秒、終わり近くで1秒に変更してみました。

撮影した画像は214枚。これをRalphaというwinアプリで一括リサイズして、PhotoLapseというアプリで動画化しました。FPSは15。
動画コーデックはいろいろと準備されているんだけど何を使えばいいのかよくわからないのでとりあえずCinepak codecつかってみました。

できた動画がこれ


雲の流れるのをみてるだけでも楽しいです。
さあ、長時間露光で夜空の撮影も試してみます。一番近い流星群は11月かぁ、まちどおしい。