タグ別アーカイブ: make

The Road to UTMF : Hand Made Battery Case

Hand Made Battery Case for 18650

UTMF対策のひとつとして、ヘッドライトを18650バッテリ仕様に改造しました。
といってもこのヘッデン(PrincetonTecのCR123Aを2本使うやつ)はすでに改造済みで外部バッテリケースにつなげられる様にしてあります。
いままでは単三型ニッケル水素二次電池を5本つかったバッテリケースにつないでました。
エネループ5本として6Vで容量は2000mAh、ワットアワーでいうと12Whです。

このヘッデンの消費電流がどれくらいかわかんないけど、平均で100mAとして20時間。たぶん十分。
でも単三エネループ5本は重たいです。
エネルギー密度の高いリチウムイオン二次電池を使えば同容量なら軽くできるじゃん。
つうわけで、リチウムイオン二次電池をつなげてみることにしました。

DSC02135

使う電池はなににするか?まあ18650ですな。一般的だし。
電池は一般的ですが、バッテリケースはなかなか売ってません。
今回見つけたのは写真のこれ。保護回路の基板付き。ちょっと高かった(1200円ぐらい)けど電池ケース自作するの大変だし、使おうとしてた18650は保護回路なしのだったのでちょうどよいかも。保護回路なしでライトとかに使うと過放電でおしゃかにしちゃう危険ありますからね。

DSC02138

バッテリケースに黒く塗られた基板がついてます。こいつが保護回路です。
保護回路は
過充電 >8.4V
過放電 <5.0V
過電流 >5.0Amp
ショート保護
といったところ。
充電は別の自作充電器でするからいいんですけど、過電流保護と過放電保護が嬉しいです。

DSC02140

この電池ケースにUSB-Aコネクタをつなぐだけ。D+とD-はコネクタピンを抜いてあります。
出力が7.4Vになりますが、PrincetonTecのヘッデンはたぶん耐えてくれるはず。LEDはOKだろうけど、スイッチ制御の回路はどうなんだろ?まあ20%増しぐらい許容範囲だろう。。
壊れたらライト側を改造すればいいだけだ。レギュレータやDC/DCとか余計な回路入れるのめんどくさいし、無駄にする電気もったいないし。。

DSC02141

ケース横にUSBコネクタを固定。
電圧注意!ってことで赤マジックで「7.4Volt」と書いておきました。
以上で完成!

18650 Battery Case

その辺に転がってた18650を入れてみました。容量不明。
昔のSonyのだから2000mAhぐらい??
最近のSANYOのとかだったら2600mAhあるからそれ使ったとして、7.4Vで2600mAh、19.24Wh!!
まあ、リチウムイオンは満充電させたり、すっからかんに放電させたりしたら弱るから容量最大限に使うことはUTMF本番でしかないだろうけど。

明るくなって、2.6倍もって、軽くなる。いいことづくしです。

DSC02147

ついでにヘッデンにつないでたケーブルを細いのに変更しました。
白いケーブルのがいままでので太くて堅い。。黒い細くてしなやかなケーブルに変えました。容量が足りてるのかしりません。。

DSC02146DSC02145

いままでの外部バッテリケースと新しいの。
コンパクトになって軽くなって大容量!!

DSC02149

明るさの違いはいまいちわかりません。
電池のもちもまだ実測してません。
次の生連で試してみます。

このバッテリケース、もうひとつあります。
同じのを作るか、他の工作に使うか、どうしようかな。

Hand Made Battery Holder (for 18650)

18650バッテリって沢山溜まっちゃいますよね。しかし再利用するところがなかなかなくて宝の持ち腐れしてませんか?
私の部屋にも探してみたら15本もの18650がありました。まあ何本かは劣化して使い物にならないかもしれませんが。。
この18650バッテリを有効活用できないか検討したところ、ナイトランで使うライトを全部18650仕様にしてしまえ!という結論に達しました。
ライトの改造はとりあえずおいといて、簡単なスペアバッテリホルダを最初に作ってみました。
大容量なのでUTMFでもスペアが4本あれば十分だろ?と思い、とりあえず4本用を作成。
すぐに取り出せる様に。。。というか見た目重視でwwwショットガンの薬莢ホルダーっぽく。。

DSC02106

こんな感じにできました。かっこいいwww
使い勝手なんて全然考えてませんwwww

DSC02108DSC02109DSC02110

裏は全面ベルクロ。
ベルクロをジグザグで縫ってはダメなんでしょうか?
デニム用のぶっといミシン針が3本も折れました。。

固定は幅広のゴムバンドのみ。
きつすぎず振っても電池がすっぽぬけないぐらいのきつさにしてあります。
経時劣化してきたら使えないですね。

端の処理とかしてないです。厚過ぎてできないからやめた。
まあいいです。テストですから。

いま使ってるプリンストンテックのヘッデンは外部バッテリケースが使える様に改造済みなので、18650が2本入るバッテリケースを今度作ります。
もうひとつ手持ちのライトは。。。フフフ。。。

———-
今日の・・・
出来事:サキが大阪旅行へ行った
健康:血圧高し!
物欲:なし
懇願:なし
運動:なし
作る:Boseのヘッドフォン修理(土曜日の話)、上記バッテリホルダ、vaioのバッテリ換装
聴く:j-wave tokio hot 100
読む:なし
善行:なし
懺悔:なし
良運:なし
不運:なし
仕事:設計とテスト実装
買物:特になし
飲食:なし
ToDo:18650バッテリケースの制作

Repair of Bose Headphone

ボーズのインイヤー型のヘッドフォン、右側が付け根で断線したので修理してみた。

DSC01748

ギリギリをカッターでちょん切る。ドライバ側のリード短いっ!!
そして半田付け。

DSC01749

Φ2mmのシュリンクチューブで絶縁。

DSC01750

その上からΦ4mmのシュリンクチューブ。
ヒートガンで暖めすぎてプラボディが若干とけた!!

DSC01751

ビニールテープで太さをあわせて、

DSC01752

Φ6mmのシュリンクチューブかぶせて縮めて完成。

DSC01753

こんな感じです。
このヘッドフォン、ケーブルの途中にパッシブのフィルタがはいってんのよね。
たぶんドライバの特性を補正するためのものだと思うけど、とっぱらってみたい!気もする。
一度ドライバ本来の音を聞いてみたいですな。

あ、折角ケーブルの途中をぶったぎったんだから、フィルタの周波数特性を計測しておけばよかった!!!しっぱい。。

値段高い割りには音はそれほどでもないヘッドフォンです。

※後継機種のBose IE2 audio headphonesにはこのフィルタついてないみたいだね。しかも安くなってる。