タグ別アーカイブ: sports

DSC01374

UTMF

facebookに書いたのそのままコピペだけど、とりあえずUTMFのご報告。

写真アップしていたのとランナーズアップデートもあるのでだいたい状況はご存知だと思いますが、残念ながら完走することができませんでした。
スタートから55キロ(だったかな?)の須走口の関門、エイド4にてタイムオーバー。完走を目標にいろいろと作戦をたて、準備をし、体調もよくほぼ万全の体制で居たのに残念でなりません。
100マイルに立ち向かうにはまだまだ力不足だった様です。。。

沢山の応援やメッセージ、ほんとうにありがとうございました。
とてもよい経験ができました。

もし来年開催されるならリベンジ。。。という気持ちが実はいまはまだありません。3分の1も走ってないのにいうのも変かもしれませんが、正直いって魅力的なコースとは思えなかったから。。。

イベントとしての盛り上がりとかボランティアスタッフのおもてなしや地域の方の応援は最高でした。
そして私個人専属でサポートを買って出てくれて、そして最高のサポートをしてくれた村田さん、お互いに助け合い励ましあったXCESSの仲間、トレイルランニングの仲間、みんなに感謝します。

そして絶対開催できない!って思ってたこのレースを実現させた鏑木さんをはじめとする実行委員の皆さん、ありがとうございました。
正直いってさっきも書いたけどコースのことや、その他いろいろと不満はありましたし、いろいろと言いました。でもほんと初めてのことばかり。最初から完璧なんてないんだから。すこしづつ良い大会にしていってください。応援しています。
ただ、あのコースはまじ勘弁して。。序盤と終盤はいいんだけどその間のながーいロードとか。。

いつか、何処かの100マイルのトレランレースでリベンジしたいと思います。ほんとうに皆様ありがとうございました。

さあ、6月は「最高」のトレイルのTGGですね。UTMF完走できなかったので私は参加資格がありません(TдT)
今年はスタッフとして参加しますのでヨロシクね~~

※ 写真はチームXCESS

7137752237_0ef602f5bc_o

UTMF試走

普通に仕事してた5月1日、仕事の合間にkojikenのブログを読むと、

5/2(水)は、時間が出来たので中距離のトレイルに入ろうかと考えてます。ゆっくり(←ココ重要)長い時間を予定しています。場所は決めていませんので、お暇な方や、山行、某レースの試走wwを予定されている方いたら、是非連絡ください。車も出せます。

2日は芽依が合宿に出発、きっこは予定なし、俺は近場でも走るかなと思ってたのでナイスタイミング。
電話かけてUTMFの後半の山場、A8~A9の区間の試走に行こうということになりました。
ちなみに上記ブログで「是非連絡ください。」って書いたのに連絡入れたのは俺だけだったみたい。。友達いないのねww

つうことで、2日は朝5時に迎えに来てもらって圏央道→中央道で河口湖ICへ。すげー土砂降りですわ。

朝霧高原の道の駅に車止めて6時50分出発!
白糸の滝まではロードです。土砂降りだしロードだし凹むわ。

白糸の滝。中学生の頃に一度来たことがあるよーな記憶。

そこから30分ぐらい歩いて登山道位置ぐち。途中あったおばあちゃんが「何処行くんじゃい?」
「天子ヶ岳いきます~す」
「熊が出るから気をつけなさいよぉ」
「はーい、ありがとうございまーす」
ホントに居るのかな?

天子ヶ岳→長者ヶ岳→天狗岳→熊森山
なかなかの急登で思うようにペースあがらず。
土砂降りなのとドロドロなので下りも全く走れず。。これ夜に雨だったらコワイな。。

そして熊森山あたりではこのような熊の爪とぎ跡がほんと沢山ありました。さすが熊森山。
注意してみてたけど足あとは見つからなかった。
熊鈴は勿論持ってきているけど雨が草木に当たる音が大きいから人間のだす物音がかき消されちゃってる。。
どっちが先に歌い出したか忘れたけど、コジケンと二人で「森のくまさん」を大声で歌い続けてました。

熊森山→雪見岳→金山→毛無山
相変わらずペースあがらず、雨は強く、風も強く、寒い。。
オイラのペースに合わせてくれてるコジケンちゃんはきっともっと寒かっただろうに。。
やっとこさ本日最高峰の毛無山。展望も無し。
このままのペースだと本栖湖までは明るいうちに辿りつけないかもと不安になり、コース検討。
 案1、すこし戻って不動の滝経由で朝霧高原の道の駅まで下る。
 案2、そのまま進み、端足峠からパノラマラインに下る。
ペース上がらないけど痛いとことか気持ち悪いとかはないので案2で。スニッカーズかじってスタート。

毛無山→雨ヶ岳
今回行ったコースで唯一気持よく走れた区間。強い雨と風が真横から吹きつけて寒かったけどね。
晴れてたら左右の展望は最高だったろうに残念。
終始いいペースで走り続けて1時間弱で雨ヶ岳到着。スニッカーズが効いたみたい。冗談じゃなくて。

雨ヶ岳→端足峠
ずっと下りなんだけど、、、ドロドロ、ツルツル、笹の根がトラップ。。で何度も滑って転んで。。ゆっくり走ってるのにね。。

UTMFのコースでは直進して竜ヶ岳→本栖湖なんだけど、道の駅に戻る時間も考えてここで右折。最後にロードを5キロも走るのは嫌だしね。

そして17時30分、無事朝霧高原道の駅に到着~おつかれさま~~

いやいや、ほんと最悪なコンディションでしたがなんとかなりました。
今回試走して分かったこと、この区間は危ない、走れない、天気悪いと寒い。
補給食にはスニッカーズ。滑る下りではストックは邪魔。などなど。
あと、コジケンのワンコインアドバイスは非常に大きな収穫です。ありがとうございまーす。
その他いろいろと得るものが多い試走でした。よかったよかった。

UTMF本番ではそれまでに100キロぐらい走ってきて、そしてこの天子山地。
しかも、完走目標の私のペースだとここはどうしても夜間走行になるはずです。崩落している箇所もあったし、天気悪くならないでほしいです。
それから、本栖湖から鳴沢氷穴までのロードは凹むわ~まーっすぐで登りのロード。。。

ま、いまさらどうなるもんでも無いや。あと11日。あとは怪我しないように体調管理気をつけて、じっくり装備の準備しましょ。
超ワクテカ!

※ GPSのログをランキーパーに読み込ませました
最初電波拾うまで飛びまくってて距離長めにでちゃってます。修正しきれん!

DSC00707

ロンドンオリンピック代表選考会

そろそろ終盤、熱い戦いはまだ続いていますけど、とりあえず咲のレースは終わりました。
3日の100ブレは1分11秒73の自己ベストで34位、今日の200ブレは150まではベスト-1秒だったのだが最後ピヨってベスト更新ならず、2分34秒84で37位でした。
100も200もチャレンジャーらしく前半から突っ込んでいって良かったよ。お疲れ様。あとは先輩達の応援に徹して下さい。
先輩といえば、東海女子ブレの先輩達カッコよくて菜々香さん、理絵さん、紗綾さんが準決勝進出。さっきやった準決勝では残念ながら菜々香さんが残れなかったけど理絵さんと紗綾さんが明日の決勝に進みました。ドキドキするなぁ~~

いつもはJOの時(3月末)に辰巳は桜が満開なのに、今年は今日7~8分咲って感じ。帰りに桜見ながらお弁当食べて帰って来ました。

芽依のJO、咲の選手権が終わりました。5月最初に咲のジャパン・オープンがあって、そして今度は俺の番だな。練習しないとね~

JOC_POSTER

JOC 2012 Spring

春のJOがありました。芽依は50mバタフライで出場。
かなり気合入ってます。
というのも、5月のジャパン・オープンの標準タイムを切る最後のチャンス。
前回JO決めた時は28秒11、オープンの標準タイムが27秒95。あとコンマ2秒!
その次にあった公式戦はインフルエンザで欠場。だからこのJOにかけてるんです。
ジャパン・オープンに出ることになったら咲と姉妹で一緒に始めて出る事になります。
実は去年の春、芽依がついにJOタイムを切って春のJOの出場を決めました。そしてそのJOは咲にとったら最後のJO。
咲の最後のJOで芽依と一緒に出るはずだったんです。だけど、大震災の影響で中止。
ずっと咲と一緒に試合に出たかった芽依にとったらそれは本当に辛くて残念なことだったはず。
JOで一緒に出るのはもう不可能なので、じゃあ次に大きな試合で!海外選手も参加するジャパン・オープンで!と。

前置きが長くなりました。

見ているこっちもドキドキ。
芽依のレースは、スタートも上手で前半かなりいいかんじ。
後半も悪くない感じだったけど。。自己ベストにわずかに届かず。。残念。。。
芽依がどんな気持ちでいるのか考えたら涙が出てきそうになった。
一番悔しいのは芽依自信、悔しいよね。そりゃ。。
その悔しさを乗り越えて大きくなって下さい。いいレースでした。収穫したのも大きかったんじゃないかな。

レース後ダウン終わって顔見せた時は悔しさを隠してたね。
担当コーチもすごく残念がってた。でも、いろいろと話して最後は「次はインカレに向けてがんばりましょう!」って。
そう、前を見て行こう。がんばれ!!

そして、来週は咲がオリンピック代表選考会に出場します。こっちもワクワク。楽しみです。

DSC00458

Aldebaran (対UTMF用トレランパック)


チマチマ夜なべして作ってたUTMF用のトレランパック(プロトタイプ)が完成しました。
現物合わせで縫って解いてまた縫っての繰り返しで疲れた。あちこち想定と違って仕上がっちゃったり、あれこれ不満があったり。。。
時間があればプロトタイプ2を製作したいですが時間がないかな。。。

UTMF用のパックを自作しようと思ったのは、そもそもイノさんがガンガン自作しているのを見て。
愛用パックはinoxのIsabelだったかな?これではUTMFでは容量不足。だったら新しいのを作ってもらおう!
色々とカスタマイズしてもらおう!!と企んでいたんだが。。イノさんの返事は「これあげるから自分で作って」www
もらったのは大量の生地とテープ。。。メッシュ生地やクッション性の高い生地などパック作りに必須アイテム。

材料まで貰って作らないのは男らしくない!よし作ってしまえ!!
という成り行きでした。

折角作るんだからモノマネで単なるコピー商品を作るのはやめましょう。これは裁縫に限らずワタシの基本ポリシー。
技術的な部分をリバースエンジニアリングして自分のモノにするのは全然OKだけど、そこに自分らしさ、自分のアイデアを入れてこそモノづくりの楽しみがあるってもんです。

というわけでまずはどんなパックにするかアイデアを練ってみました。
その時に書いたマインドマップがこれ


そしてそのアイデアを盛り込んでイメージを画にしてみました。

名称は最終的に"Aldebaran"としました。おうし座にある明るいオレンジ色っぽい恒星。
アルデバランという名前はアラビア語で「後に続くもの」という意味だそうだ。またこの星には「コル・タウリ」という別名もあるらしくラテン語で「牡牛の心臓」という意味だそうです。
奇しくも私はおうし座だし、オレンジも好きな色だし、「後に続くもの」って意味も気に入ったし、ある意味心臓みたいにだいじなものだからこの名前にしました。

パックのイメージは最初考えたアイデアをそのまま形にしました。
ひとつだけ、ナイトライダーが不採用。。というのも何処につけたらいいの??取り付け方法は??といういくつかがクリアにならず、一番簡単な自己点滅型LEDを使う案に落ち着きました。
ところがこれが後で色々と…

製作中の写真は随時facebookにアップしていたのでここでは省略して、この出来立てゲテモノトレランパックの紹介です。
作りが雑なのであまり拡大して細部までチェックしないこと。


って思ったけど面倒くさくなったから写真だけアップします。。

実際の容量とか重量は未計測。
思ったより小さくなってしまった。そして重い(苦笑)
これはクッション性考えて生地を何枚か重ねてある点と、防水考えて使った生地が重たかったってことで。
生地はシルナイロンも用意してあったんだが超縫い難いのでヤメタんです。

作ってみての反省点は
・ファスナーを隠すフラップ?が小さすぎたり、逆だったり、、
・メインルーム内側に小物ポケットを付けたかったが気がついた時は時既に遅し。。
・もうちょっと容量大きくなる予定だったんだけど、なんか小さくなった。。
・LEDの配線が細すぎた。すぐ断線する。。。そして修理がメンドクサイ。。。
・ショルダーストラップの左右の幅が広すぎた。
・GPSが肩にあたって痛い。
・コンプレッションコードが意味なし
・ウェストポケットを省いたからしょうがないんだけど、アクセスしやすいポケットの容量がもうちょっと欲しい。
・派手すぎ
・形が変(3D形状のモノの完成をイメージして部品作るのが難しい。。)

良かった点は
・ショルダーベルトのボトルポケットは使いやすそう
・ハンドライトを肩に固定できるのはいいでしょ。きっと。

あとは使ってみて改善点洗い出しですね。
ということで、近いうちにこれ背負ってロングラン(できたら夜)したいです。
プロト2を作る時間あるのかな。。。このままこれでUTMF出場になりそうな予感。。

DSC00324

RaidLight 750ml Drinking Bottle with Straw



3月7日のこと、製作中のパックの途中経過の写真をfacebookにアップした。
そしたらいのさんが「海外のレースでストロー付きのボトル見かけるけど売ってないね」と
確かにこの位置にボトルがあるならストローついてたらそのまま飲めるじゃん。
いのさんとあーだこーだ言ってたら、Ken Nakagawaさんが「これ探してるんですか?」
おーーまさにそれだ~~~
米国amazonで探したら扱ってました。という訳で注文。いのさん2個+俺1個。
発送は通常(船便)で。
到着は4月2日頃と連絡がきた。気長に待ちましょう!




そしたらですね、3月10日になにか荷物が届いたんですよ。EMSで。
差出人はHONG KONG???内容物は。。Outdoor Gear !!!
きたんだ。ハヤ!
EMSできちゃったよ。でもinvoiceみたら送料変わってない。ラッキー。むこうの事情でEMSになったみたいです。



Ultimate Directionの750mlと500mlのボトルと並べてみました。同じ750mlだけどちょーぴり胴が太いのとくびれが少ない分背が低くなってます。



そして、RaidLightとUltimate Directionのキャップのネジが一緒。ラッキー♪
U.D.の 750mlのボトルにRaidLightのキャップしたとこ。



製作中のパックのボトルポケットに入れてみたところ。750mlのはやっぱ背が高いや。
顔の目の前にストローきてウザい。



ですが、U.D.の500mlのボトルにストローキャップつけたのをボトルポケットに入れたらこんな感じ。
ナイスです。ばっちり!!
距離によってはハイドレーションなしでこれでいけますね。
ハイドレーションって臭いがうつっちゃっていまいち好きじゃないんだよね。
早くパック完成させて試してみたいです。

utmf_top

UTMF実行委員に物申す

UTMFまであと2ヶ月ちょいとなりました。
エントリされている選手の皆様は準備に余念がない頃ではないでしょうか?

しかーし!未だにコースが発表になっていません。UTMF実行委員はなにを考えているのでしょうか??
公式HPのコースマップのページを開くと上の画面の通り、coming soonとあるだけです。
地権者との交渉でコース未定な箇所があるとか、エイドの位置が確定していない。試走に来られると困る。。。などなど諸事情はあることでしょう。
ですが、もう開催2ヶ月前ですよ。エントリしている選手の事をちゃんと考えて下さいよ。
決定している範囲だけでも公表すべきでしょう。「この部分は未定です。決定しだい連絡します。」でいいじゃないですか。
試走こられたら困るなら「ここからここまでは私有地です。大会当日以外は立ち入らないでください。」ってちゃんと言えばいいじゃないですか。全部決まるまで公表しないなんて考えているならアホですよ。
それと、だいたいのエイドの数と間隔等も教えて欲しい。何処になるか未定であっても、「10キロ毎に小エイド、20キロ毎に大エイド。大エイドには食料も用意する予定です。」とかさ。あとデポ出来るのかとかも重要。
エイドの間隔と規模、デポの可否がわからないと、何を持っていくかも決められません。
持っていくものが決まらないと持っていくパックのサイズも決められません。
パックのサイズが決まらないと、UTMF用にパックを自作しようとしている私はパックの製作もできません。。。

こおゆうことを言うと、どこからかこっそり情報が流れてくるんですよ。
「コースは○○の部分がまだ交渉中みたいですよ」とかね。
あのねー、そおゆうことはエントリした選手全員に公平に伝わらないと不公平でしょ。
文句言われたから教えるの?もめそうだからその人にだけ伝えるの???
教えてくれる人はほんとありがたいけど、実行委員にパイプがあるのなら、「早く公表しましょう!」って提言してください。

やってることがお役所仕事。考え甘すぎ。明らかに力不足。
これだけのイベントを企画運営する能力がないんですな。

それでも富士山の廻りをぐるりと一周って魅力あるし、エントリしたお金も勿体無いから出るつもりですが。。
まあ今年完走できればもおいいや。
(途中リタイヤしちゃったらリベンジの為に来年もエントリするかも)

いろいろと苦言を呈しましたが、UTMFに期待しているから言うんです。
やるなら良い大会にしたいでしょ。がんばれ!
その為にも早く情報開示を!!!

DSC00039

日本短水路選手権

2月11日、12日に辰巳で日本選手権(短水路)が開催された。短水路、つまり25mプールでの日本選手権。
4月にオリンピック代表選考会を兼ねた長水路(50mプール)での日本選手権があって、トップ選手はみなその大会をターゲットにしているから参加していない選手も多いし、出場している選手もこの大会に合わせてない選手ばかりなはず。
そんな中の大会でも日本新記録や高校新記録、中学新記録がいくつも出て、オリンピックイヤーってなんか違うってつくづく思った大会でした。

咲は100と50のブレに出場。他の選手どうよう咲もこの大会に合わせて調整はしていなくて、どんなタイムが出るかは泳いでみてのお楽しみ。初日の100では撃沈してました。。
よほど悔しかったのか翌日もレースがあるというのにダウンで7500泳いだとか。ダウンじゃないよねw
サブプールが長水で空いてたから長水路で泳ぐ感じを掴みたかったから。というのが本人の弁。明日は短水路のレースなんだけど、頭の中は4月の選考会でいっぱいなのねw咲らしい。

そして12日日曜日は50mブレ。
泳ぎは悪くなかったと思う。ゴールタッチが合わなかったのが残念。21位で惜しくもB決勝残れませんでした。
圧巻だったのは鈴木聡美。咲が「チューブで引っ張ってるみたい」って土曜日言ってたけどほんとそんな感じ。
50ブレ予選で30秒24の日本新記録。

咲は予選で敗退しちゃったけど、入場料1500円×3人(きっこ、めい、俺)の4500円も払ってるんだから午後のB決勝と決勝もみなきゃねw

半ブレ決勝で鈴木聡美は予選の記録を更に100分の1秒更新して30秒23で優勝。すごいね。それでもインタビューで「29秒台だしたかったので残念」と答えてたのが印象的。
それと、200での渡部香生子との対決について聞かれた時「まず自分で決めたことをしっかりとやりたい」って答えていたのも。
目の前の勝負じゃなくてもっと先を見てるんだなって思った。
インタビュアーの宮下純一、自分だってトップスイマーだったんだから変な質問すんなwすっかりマスコミサイドの人間になっちゃってますなw

残念ながら犬猫が留守番してたので私だけ先に帰って2ブレ決勝は見なかったんだけど、渡部香生子が勝ったみたいだ。
彼女はサキメイと同じJSSの同じ関東ブロック。JSS全国大会では同じ関東チームとして泳いだ仲間なので渡部香生子の活躍ももちろん嬉しい。けど本音はちょっと複雑。まったく個人的意見なのでかるーく聞き流して欲しいんだけど、ちょっと言っちゃう。彼女にはもっといろんなことを経験してもらいたいって思ってる。いろんな事を乗り越えて日の丸の重みを感じられる様になって、その時その重たい日の丸を背負っても潰れない強い心が出来た時、本当の日本代表として世界と戦って欲しい。
中学生っていうとどうしても岩崎恭子を思い出します。バルセロナでノーマークだったのに大ベストだして優勝しちゃった子。
同じオリンピックで同じ種目に出ていた大本命だった粕谷恭子がすっかり影なくなっちゃって。。。
それがどうした?って、実は粕谷先生は咲の高校の時の水泳部の先生で、そんなこともあって岩崎恭子が憎いとか、連想して渡部香生子が憎いとかいうんじゃないけどねww

昨日の試合みて思ったことをFBに書き込んだのが以下のとおり。ブログにも転載しておこっと。

snip>>

競技には2種類あると思う。1対1やチーム対チームで戦うものと、タイムや距離などの記録を競うもの。前者は駆け引きや戦略が面白いけど、今日は競泳の試合を見て後者の競技ってつくづく面白いと思った。
もちろん、競技会なので優勝とかその場での順位も勿論あるんだけど、記録って嘘をつかないって事がすばらしい。時間や場所を越えて対戦できるのもいい。過去の自分と戦うことも、イメージした未来の自分に挑む事も可能だし。
いくつもの日本新記録の達成を見れたのでそんなことを思った一日でした。
4月の代表選考会がほんと楽しみです。みんなガンバレ♪

狙うのが日本記録だったり、標準タイムだったり、自己ベストだったり、人それぞれ。1位の人だけが勝者じゃない!
そんなとこまで見てて気がつけれたら楽しいな

<<snip

さあ、4月の代表選考会楽しみですなー
田村菜々香さん、金藤理恵さん、藤本紗綾さんがんばれ~応援してまっせ!勿論生山咲もがんばれよぉ~~
まあ咲の場合はもっと長い目で、その先の関カレやインカレでの活躍を楽しみにしています。

咲は先週木曜日の夜に家に帰ってきました。辰巳だと寮から通うより家から通うほうが近いから。
金曜日は辰巳で練習、土日は辰巳で試合、今日は午前中オフでちょうど入試休みの芽依と二人でオフを満喫していた様です。昼過ぎに電車で秦野に帰りました。リフレッシュできたと思います。
4月の選考会に向けて、そしてその先の関カレ、インカレに向けてがんばろぉ!!
きっとあっという間にインカレだよ。

そして、偉そうな事言ってる私もがんばろ~
UTMFまでちょうど3ヶ月って知ってる??>おれ

00015(1)

第4回埼玉県SCジュニア選抜水泳競技大会

1月29日の日曜日、川口市の東スポーツセンターで埼玉県室内選手権「第4回埼玉県SCジュニア選抜水泳競技大会」がありました。
芽依は50のフリーとブレに出場。半フリのJO狙いもあるのですが、何よりも半バタのジャパン・オープン標準タイムがターゲットです。

28日土曜日の夜12時頃に久しぶりに咲が家に帰って来ました。12月18日に帰ってきたのが最後だったので一月半ぶり。
その時は日帰りだったので、泊まりで家に帰ってきたのは本当に久しぶり。
久しぶりの我が家なので家でゆっくりしたいだろうということで、芽依の応援には私だけが行きました。

それでレースの方はというと。。泳ぎが重たかったですね。両種目ともベストからは程遠いタイムでした。ざんねん。でもそんな時もあるよ。
前日土曜日に学校の体育の授業が長距離のテストだったとかで3000m走ったんだって。
陸上部長距離の子に最後までついていったとか。さすが。
でもそのおかげで日曜日は朝から足が痛い痛い言ってました。筋肉痛の様で。。w
担当コーチは「前日に3000mとか走るなヨォ~」と嘆いていましたが、体育の授業も大事だもんね。次がんばろ!おつかれさま。

レース後、芽依と急いで家に帰って来ました。
芽依は前日就寝後に咲が帰ってきたし、当日朝は芽依出発の時は咲寝てたし、やっと咲とご対面。
ところが咲はリビングでゴロゴロ寝てます。
「さきちゃぁぁん、おきてよぉ~~」と芽依の攻撃が始まりました。

※大会名を間違えていたので修正しました。

DSC09902

相模原市短水路選手権

1月22日、相模原市立総合水泳場(さがみはらグリーンプール)で「相模原市短水路選手権」が開催。東海大学水泳部も参加したので応援に行って来ました。
咲は200と100のブレ。
試合前にメールで「28秒台だしてくるからね~」となかなか自信たっぷり。
自己ベストは30秒台なんですよ。なのにさらっとそんなことを言えるのはそれくらい練習してるからでしょうね。

レース直前はまあ適度に緊張してて良い感じ。
泳ぎはなかなかよかったんじゃない?スタートもターンも泳ぎも良かった様に思える。素人目にはわからんかw
で、タイムは2分27秒68、有言実行!というか27秒台だしたし~すげ~~
という訳で2ブレ、ジャパン・オープン切りました。おめでとう!!

ですが、なんと、選手権の標準タイムが2分27秒55だったそうで、あとコンマ1秒だったのね。おしい。。
まあ、本人は3月の大会で切るつもりでいるらしいので期待してますよ。

200のレース後にほんの5分ぐらい会って話しました。
12月23日に父の四十九日の時に会って以来久しぶり。ニコニコしてて元気そう。
そして、はっきりわかるくらい体がしまってきてました。
いままでの努力が少しづつ結果に現れてきてるのはモチベーション持続にもなるしほんと良かった。
東海大学水泳部に入って良かったね。

さあ、今週末は芽依のレース。
あんまいうと怒られるけど言っちゃおう、半バタでジャパン・オープン狙ってるみたいです。
芽依ならイケルさ!がんばれ!!

2月になると、短水路選手権、3月ジュニアオリンピック、4月にオリンピック代表選考会、5月にジャパン・オープン、、、
楽しみは続きます。そして今年もあっという間に過ぎていくんだろうな。

娘たちよ、悔いの残さない様に思い切り取り組んで下さい。
父さん母さんはいつも応援してるからね~