タグ別アーカイブ: computer

noteslate

NoteSlateがほしい!

いろいろなブログで紹介されてるから知ってる人も多いと思うけど、いま一番ほしいガジェットはNoteSlate
KING JIMのブギーボードに保存機能が付いたみたいな感じ。メモはやっぱり手書きだよね。
eInk使ってるので熱くならないとか電池の持ちがいいだろうとかいろいろと期待。
まだ発売されてなくて、発売は2011年の6月から。$99~と安いのも魅力。
3色バージョンとかすげーほしいけど発売時期がずいぶんと先みたいだし、とりあえず写真の白ボディに黒文字バージョンがほしいっす。

今のところ日本での販売予定なさそうなんで直接買いますが送料節約の為に相乗りしたい方いたらコメントしてくださいな。

「NoteSlate」ってどおゆう意味?スレートってあの屋根のスレート??ノートみたいな瓦みたいな。なのかな?と思って「Slate」を辞書で引いてみたら

slate
【名詞】
1【可算名詞】 (粘板岩の)スレート 《屋根ふき用》【不可算名詞】 粘板岩.
2【可算名詞】 石板 《昔,学童がノート代わりに用いた粘板岩製の薄い板; 石筆で書いて消す》.
3【可算名詞】 《主に米国で用いられる》 (指名)候補者名簿.

へーへーへー、2の石板の意味なのね。なるほどぉ~~~

ODROID-A

ODROID-A


ODROID-Aが正式発表になりましたね。
hardKernel社のHP

SPECは以下のとおり

ODROID-A Only for developers
SAMSUNG Exynos4210 Dual-core ARM Cortex-A9
Mali-400 MP Core
1GB LP DDR2 RAM 800Mega data rate
10.1 inch 1366 x 768 TFT with capacitive multi-touch
Android 2.3 Gingerbread
Dual Camera
HSPA+ (Data speed up to 21 Mbps D/L, 5.7 Mbps U/L)
9-axis sensor
Available from end of March
Price : US$749.00
Korean Price : 800,000원(부가세 별도)

開発用なので勿論書き換え可能です。
日本では、横河ディジタルコンピュータが代理店販売するそうです。レッドスターじゃないところが扱ってくれてよかったよかった。
小売価格は未定となってますが、元の値段+2万円ぐらいで10万を切るってとこかな。9万8千円でどうでしょう??
それでACアダプタの電気用品安全法や無線LANの電波法をクリアしてくれるなら全然OK。
それないなら直接ハードカーネルから買うよー

詳細発表期待してまっす>横デジさん

———-
今日の・・・
出来事:夕方から雪!
健康:血圧高い
物欲:なし
懇願:なし
運動:BCで30分ほど。雪強くなってきてヤバいから終了。
作る:なし
聴く:なし
読む:やめないよ、他
善行:なし
懺悔:なし
良運:なし
不運:なし
仕事:設計と実装とデバッグとか
買物:なし
飲食:なし
ToDo:なし

sony vaio typeE

DSC01822

4月から大学生のサキ用にノートPCを購入しました。
またまたvaio。俺vaio好きなのかな?これで5台目のvaio。我が家で初の7マシンです。
オーナーメイドでサキが選んだ色はピンク!
キーボードのカバーもピンク、マウスもケースもピンク!!
筐体の色はピンクにすると+5000円なんだよねぇ。。
まあ、せっかく自分のPCとなるんだから気に入ったのにした方が愛着わくし、大事に使ってくれることでしょう。
いつもオーナーメイドを使うのはキーボードを英語配列にするからなんだけど、今回はサキ用ってことで日本語配列です。

DSC01843

大喜びのサキちゃん!
さっそくskypeのアカウント設定してきっことビデオチャットしてましたwww

Hard Drive Breakage

_MG_5651

HDDが壊れました。というか不注意で壊しちゃいました。
vaio typeSの。
先週から1weeksぐらいのコーディングしたものが入ってました。未back upでした。。。

このvaio、XPとUbuntuのdual bootにしてました。ですが、最近はUbuntu使うことないし、使うとしても仮想マシンで動かすからほんとたまーーにしかUbuntuはbootしてなかったんです。
500GBのHDDの100GBをUbuntu用のパテーションにしてたのも勿体無かったのと、PC起動の度にGRUBでOS選択するのもめんどくさかった(デフォをXPにすればいいだけだけど)のもあって、Ubuntu側パテーションを削除しちゃいましょ。MBRも書き換えましょ。
としたかったわけ。

まずはMBRを戻す。こいつが大変。
プレインストールだからCDないし、回復ディスクを作成するのは、MSのサイトからダウンロードしてきて、仮想FDDにイメージマウントしてそこからファイル抜き出して。。。
bootable CDに焼くのにboot image探したけどSP2までしかないし。。。

そうこうしているうちに、c\windows\i386\というディレクトリ発見。
そこにあるdiskmgmt.mscを実行して回復ユーティリティ(だったかな?)をインストール。
これでwindowsのboot時にxpか回復ユーティリティかを選択可能に。
これが良くなかったのかな??

そして再起動。
GRUBのメニューはまだ出ます。xp選択。
するとこんどはxpか回復ユーティリティかの選択。ここで回復~を選択。
さあここで、fdisk /mbrでMBRを元に戻して。。。再起動。。。

あれ??まだGRUBメニューが????
GRUBメニューでxp選択したら。。invalid partition tableって。。xp起動できなくなった。。

この時点でHDD取り出しておけばよかった。。。

それからもいろいろと試行錯誤。ubuntuからgpartedでやってみようとしたり、今度はFreeDOSというOSのbootable CDを作成してそいつで起動したり。。

で、なんか、疲れてたのか、fdiskで気がついたらNTFSパテーションを削除しちゃってました。。やべっ!!
でも確か最後に”w”ってやって操作確定するんだったよな。いまならまだ大丈夫。っておもって、ESC押してfdisk抜けた。再度fdisk /infoしてみたら。。。
ガーーーン!!!!xpパテーションなくなってる。”w”押してないのに。。。
“w”で確定って違ったっけ??昔のslackwareではそうだった気がする(古過ぎ・・・)・・

これはヤバイ!ってことでvaio開腹してHDD摘出。
USB接続のアダプタつないで別PCに接続。あちゃーー、Iドライブフォーマットされていません!とな。
パテーション削除しただけだからまだデータは残っている。なんとか救出しなければ!!
普段ならHDDのデータはNASにバックアップしてるんだけど、その頻度が1週間毎。
たまたま今回は前回バックアップから大量にコードを書いていたという不運が重なりました。。
そうじゃなきゃ、HDDフォーマットしちゃってもいいのに。。

いろいろネットを探し回ったら、データ復旧ソフトがいくつかありました。
その中でLiveData Proというのは試用ができたので試してみたら、削除したパテーションのデータも復元できそうです。
ただ、試用ライセンスでは実際の復元はできなくなってるので、サイトから代金8000円を支払い手続き。即ライセンスキー発行されてすぐに使えるようになりました。
8000円で1週間分の仕事が取り戻せるのなら安い!!
(つまらない不注意で8000円の出費と考えたら凹むから前向きに!)

しかし500GBのHDDを全スキャンするのに4時間ぐらいかかり、いま指定したパテーションのフォルダとファイルを整理するという段階。これにも1時間ぐらいかかってる。
時間かかるけどなんとか復旧できるかな??

Cドライブはまた最初から必要なアプリをインストールするから、これを機会にHDDを交換しましょ。750GBのHDDを注文しときました。9.5mmで1TBってないんだね。。

週末のうちになんとか復旧させたいものです。。

そしてHDDのデータ復旧ツールが残るわけです。
もちろんHDDじゃなくてもUSBメモリとかmicroSDとかでも復元可能ですよ。
とくに大容量つかっていると、削除しても上書きされないから復旧できる可能性大。
削除したメールを復元させたいとか、逆に完全に削除したいとか、そおいった要望あったら連絡してね>力士達www

———-
今日の・・・
物欲:なし
懇願:データが復旧できますように!最低限仕事の部分。
運動:1830から1.5hのbase camp。火曜日の筋肉痛がまだ残ってて更に何も登れない。。。
作る:なし
聴く:ネットラジオ、ドイツのtop40
読む:クリスライアンの「レッドライトランナー抹殺任務」
善行:なし
懺悔:なし
良運:なし
不運:HDDパテーション削除。。。
仕事:余計な作業が入っちゃって。。でも復元中に別PCでドキュメント書きぐらいはできた。
買物:vaio用HDD(750GB) 、データ復旧ソフト、へたってきたvaioのバッテリ(HDDぶっ飛ぶ前に買った。。)、ナイトアンドディのブルーレイディスク
飲食:なし
ToDo:vaio復旧させる

Show Techniques

仕事に関する話。守秘義務とかあるんでいろいろと置き換えてはなしますが雰囲気だけはつたわるかな?
私は元々アルゴリズムとかを考えるのが得意分野。
最近やった仕事は、莫大なデータを解析するアプリケーション開発。
まあ解析アルゴリズムを考えるのお手の物。それでも結構難解な事やっててその結果はなかなかのもの。自画自賛。
ところが、その結果の見せ方がよくなかった。計算結果の数値をリストで表示してたわけ。
報告書に使いたいならCSV出力してるからエクセルに取り込んですきに加工してね。って思惑。
ところがこれがうけなかった。
一目で「これだ!」ってわかる表示がいいらしい。
いくらデータが表示されててもそこからポイントを見つけるのにはまた熟練が必要になるわけ。

たとえば、ある商店街で強盗が多発したために、監視カメラを設置したとする。何台も。
これで強盗がなくなる!って思ったがそれは半分正解。
強盗発生後に撮り貯めた動画から犯人を特定するのには役立つだろうけど、犯行の予防にはなってないわけ。
たとえ監視カメラのモニタを常時チェックしている人がいたとしても、死角をなくそうとあちこちに設置したカメラの動画全てをもれなくチェックするのは無理。
だからコンピュータに監視させるとする。顔認識して、誰がどのくらいの頻度でこの商店街にやってきたのかをカウントし、解析するわけ。人がモニタチェックしてるだけじゃ無理だよね。交代で監視する人が変わったりしたらそもそも同じ顔が来た!とかわかんないし。
この顔認識してカウントしてその数値を表示するのが、さっきの俺の仕事の話と思っていただきたい。
このデータをみれば、怪しい人はID何番で今日一日で何回来てて、どの店を何度覗いている。とかがわかるわけ。

でもね、お客さんはもう一歩踏み込んで教えてほしいらしいのよ。データの見方も考えたくないわけ。
つまりこの場合は、「この人が怪しいですよ」ってこんな具合に表示しちゃうのさ。

なるほど、たとえこれが間違いだろうと、正確なデータを見せるだけよりよっぽど親切なのね。
データは揃ってるし、解析結果から怪しい率とかも算出できるわけで、そこで怪しい率80%以上な人がいたら警告する。
解析に比べれば1/100ぐらい簡単だけど、使う側からしたら100倍ウレシイのね。
考えてみれば(考えるまでもなく)プレゼンの基本テクニックと同じだ!!

というわけで、全体にかけた工数に比べたらそのほんの何十分の1かをかけて見せ方に凝ったらとても好評でした。

なので、次の開発は最初からグラフィカルな見せ方に凝ってますよ。
こおゆうことに頭使うのもなかなかタノシイ。

———-
今日の・・・
物欲:Odroid
懇願:なし
運動:なし
作る:なし
聴く:シャッフルしてていろいろ。My Chemical RomanceのDanger Daysとかいいね。
読む:クリスライアンの「レッドライトランナー抹殺任務」
善行:なし
懺悔:なし
良運:なし
不運:なし
仕事:楽しい
買物:なし
飲食:なし
ToDo:なし