タグ別アーカイブ: sewing

DSC00458

Aldebaran (対UTMF用トレランパック)


チマチマ夜なべして作ってたUTMF用のトレランパック(プロトタイプ)が完成しました。
現物合わせで縫って解いてまた縫っての繰り返しで疲れた。あちこち想定と違って仕上がっちゃったり、あれこれ不満があったり。。。
時間があればプロトタイプ2を製作したいですが時間がないかな。。。

UTMF用のパックを自作しようと思ったのは、そもそもイノさんがガンガン自作しているのを見て。
愛用パックはinoxのIsabelだったかな?これではUTMFでは容量不足。だったら新しいのを作ってもらおう!
色々とカスタマイズしてもらおう!!と企んでいたんだが。。イノさんの返事は「これあげるから自分で作って」www
もらったのは大量の生地とテープ。。。メッシュ生地やクッション性の高い生地などパック作りに必須アイテム。

材料まで貰って作らないのは男らしくない!よし作ってしまえ!!
という成り行きでした。

折角作るんだからモノマネで単なるコピー商品を作るのはやめましょう。これは裁縫に限らずワタシの基本ポリシー。
技術的な部分をリバースエンジニアリングして自分のモノにするのは全然OKだけど、そこに自分らしさ、自分のアイデアを入れてこそモノづくりの楽しみがあるってもんです。

というわけでまずはどんなパックにするかアイデアを練ってみました。
その時に書いたマインドマップがこれ


そしてそのアイデアを盛り込んでイメージを画にしてみました。

名称は最終的に"Aldebaran"としました。おうし座にある明るいオレンジ色っぽい恒星。
アルデバランという名前はアラビア語で「後に続くもの」という意味だそうだ。またこの星には「コル・タウリ」という別名もあるらしくラテン語で「牡牛の心臓」という意味だそうです。
奇しくも私はおうし座だし、オレンジも好きな色だし、「後に続くもの」って意味も気に入ったし、ある意味心臓みたいにだいじなものだからこの名前にしました。

パックのイメージは最初考えたアイデアをそのまま形にしました。
ひとつだけ、ナイトライダーが不採用。。というのも何処につけたらいいの??取り付け方法は??といういくつかがクリアにならず、一番簡単な自己点滅型LEDを使う案に落ち着きました。
ところがこれが後で色々と…

製作中の写真は随時facebookにアップしていたのでここでは省略して、この出来立てゲテモノトレランパックの紹介です。
作りが雑なのであまり拡大して細部までチェックしないこと。


って思ったけど面倒くさくなったから写真だけアップします。。

実際の容量とか重量は未計測。
思ったより小さくなってしまった。そして重い(苦笑)
これはクッション性考えて生地を何枚か重ねてある点と、防水考えて使った生地が重たかったってことで。
生地はシルナイロンも用意してあったんだが超縫い難いのでヤメタんです。

作ってみての反省点は
・ファスナーを隠すフラップ?が小さすぎたり、逆だったり、、
・メインルーム内側に小物ポケットを付けたかったが気がついた時は時既に遅し。。
・もうちょっと容量大きくなる予定だったんだけど、なんか小さくなった。。
・LEDの配線が細すぎた。すぐ断線する。。。そして修理がメンドクサイ。。。
・ショルダーストラップの左右の幅が広すぎた。
・GPSが肩にあたって痛い。
・コンプレッションコードが意味なし
・ウェストポケットを省いたからしょうがないんだけど、アクセスしやすいポケットの容量がもうちょっと欲しい。
・派手すぎ
・形が変(3D形状のモノの完成をイメージして部品作るのが難しい。。)

良かった点は
・ショルダーベルトのボトルポケットは使いやすそう
・ハンドライトを肩に固定できるのはいいでしょ。きっと。

あとは使ってみて改善点洗い出しですね。
ということで、近いうちにこれ背負ってロングラン(できたら夜)したいです。
プロト2を作る時間あるのかな。。。このままこれでUTMF出場になりそうな予感。。

DSC00324

RaidLight 750ml Drinking Bottle with Straw



3月7日のこと、製作中のパックの途中経過の写真をfacebookにアップした。
そしたらいのさんが「海外のレースでストロー付きのボトル見かけるけど売ってないね」と
確かにこの位置にボトルがあるならストローついてたらそのまま飲めるじゃん。
いのさんとあーだこーだ言ってたら、Ken Nakagawaさんが「これ探してるんですか?」
おーーまさにそれだ~~~
米国amazonで探したら扱ってました。という訳で注文。いのさん2個+俺1個。
発送は通常(船便)で。
到着は4月2日頃と連絡がきた。気長に待ちましょう!




そしたらですね、3月10日になにか荷物が届いたんですよ。EMSで。
差出人はHONG KONG???内容物は。。Outdoor Gear !!!
きたんだ。ハヤ!
EMSできちゃったよ。でもinvoiceみたら送料変わってない。ラッキー。むこうの事情でEMSになったみたいです。



Ultimate Directionの750mlと500mlのボトルと並べてみました。同じ750mlだけどちょーぴり胴が太いのとくびれが少ない分背が低くなってます。



そして、RaidLightとUltimate Directionのキャップのネジが一緒。ラッキー♪
U.D.の 750mlのボトルにRaidLightのキャップしたとこ。



製作中のパックのボトルポケットに入れてみたところ。750mlのはやっぱ背が高いや。
顔の目の前にストローきてウザい。



ですが、U.D.の500mlのボトルにストローキャップつけたのをボトルポケットに入れたらこんな感じ。
ナイスです。ばっちり!!
距離によってはハイドレーションなしでこれでいけますね。
ハイドレーションって臭いがうつっちゃっていまいち好きじゃないんだよね。
早くパック完成させて試してみたいです。

DSC08531

Bike Lock

愛用の自転車用のごっついロックがこんな状態に。
でも周りを包んである布がボロボロになっただけでロックとしての機能はまだまだ大丈夫。
ってことで修理した。(芽依の試合の日にやった)



生地はいのさんにもらった黄色のターポリンにしました。
ロックの太さを計って、縫い代分だけプラスした幅でチョキチョキ。



縁にはこれまたいのさんにもらった赤いテープで



まち針で固定して縫ったけど、滑り悪くて、上と下がずれてちょっと難しかった。
ナイロン押さえとかあればいいのかな?



まあそれでも簡単に縫えました。
問題だったのはこれをひっくり返すの。。。
もう、30分ぐらい格闘してやっと全部裏返しました。つかれた。。



ロックに通そうとしたら問題発覚!!!
太さギリにしすぎて、ロックの端の太くなってる部分が通らない!!!!
やり直すのもめんどくさい。芽依のレースが始まっちゃう!

この部分、中は金属で、その周りを固いゴムみたいなのでコーティングしている模様。
ということでこのゴムの部分をちょっくら削ることにした。
カッターでサクサク。

そして無事通るサイズに。



長さぴったり!
両端をめくれない様にタイラップで固定



ドハデなロックに生まれ変わりました~~


DSC03263

MAKE: Desert Flector Camo Half Pants

DSC03261

裁縫面白いんで、もういっちょパンツ作ってみました。
ドイツ連邦軍トロピカルフレクターカモフラージュ生地でボルダリング用のハーフパンツ。
手持ちの生地から無駄なく!って当初の設計より裾を短くしたらちょー短くなっちゃった。。まあ夏用!ってことで。。。

以下、覚書代わりに写真沢山掲載します。

DSC03245

土曜日
前回のカーゴパンツと手持ちのボルダリングパンツを参考に型紙つくりました。
あーだこーだと考える時が一番楽しいです。

DSC03246

裁断したところ。
出来るだけ無駄をなくそうって思って、この時点でも若干修正いれてます。

DSC03247

裁断終わった生地と、接着芯と、ポケット用のメッシュ生地。
軽くしなやかにするために接着芯使わなくてもいいかな?って思ったけど今回は無難に使ってみた。

DSC03253

接着~

DSC03254

お尻のポケットはGパンによくあるこんな形。
IQ COMPANYのタグを忘れずに。

DSC03255

前ポケットはこんな感じにつくります。

DSC03256

前身頃に縫いつけたとこ。

DSC03258

腰上を浅目にしたんでそれに合わせてファスナーを短く加工しました。

DSC03259

ボルダリング用に大きく開脚出来るように股部分拡張。
半ズボンだったので、全ての部分にコバステッチ入れることができました。

DSC03261

日曜日午後から雨だったので残りを仕上げちゃいました。
ウェストの縫いつけ、ボタンの取り付けとボタンホール処理、ベルトループの取り付け、などなど。
そして完成!!
一番肝心なファスナー部分の処理の写真がありませんでしたね。。写真とる余裕なかったのかも。。。

DSC03262

裏返したとこ。前ポケットはメッシュで涼しいです。

試し履きしてみました。短いです。海パンみたいですwww
まあいいでしょう。これはこれで。
改良版また作りますから。

カーゴパンツ完成

DSC03057DSC03056DSC03054

USMCのウッドランドピクセルカモフラージュ生地で作ってたカーゴパンツが完成しました。
コンセプトはボルダリングにもトレランにも普段履きにもOKなパンツ!ということで。。
ピスト乗っても裾を巻き込まない七分丈。ちょいと重たいのでトレラン向きじゃあないかな。。つか、いつも普段着Gパンでボルダリングしてるな。。
まあ、メモリアさん買ったんでなんか作ってみたかったというのが一番の動機です。

洋裁で一番難しいのはパターン図の作成です。そして一番面白い部分でもあります。
でもズボンなんて縫ったことないし。。というか洋服の類は作ったことありません。全くの初心者。
全然ノウハウもないので、最初は他人様のパターンを参考にしましょう!ってことで今回はFULL OF PATTERNのメンズカーゴ七分丈パンツの型紙を購入しました。

まあこれが型紙だけでそこに書かれている言葉の意味もわからない状態。。
縫い合わせた時どうなるか考えて言葉の意味を探ったり、自分のはいているGパンをみてどうやって縫っているのか確認したり。
もちろんネットもフル活用。特にUSAKOの洋裁工房さんにはお世話になりました。ここでズボンの縫い方の基本は予習しておきました。

生地は米海兵隊の最新MARPAT(ピクセルカモ)ウッドランドカモ柄の生地、実物!
コットン55%、ナイロン45%のツイルです。
メーター2000円と少々(かなり!)高いですがカッコイイので採用。

もともとの型紙ではお尻のポケットもマチがあるタイプだったんだけど、お尻にいろいろモノ入れてボルダリングはしたくないよね。落ちた時痛そうだし。
だからお尻のぽっけは通常のGパンの様なマチのないタイプにしました。
それと、ポケットはボタン閉めだったんだけどこれもあまり金具は付けたくないということでベルクロにしました。
あと、丈はもっと短い方がよかったので型紙より10cmほど短くし、ウェストその他は自分のサイズぴったりに調整しました。

そんなこんなで作りだしたのが月曜日の夜だったかな?
生地から切り抜く時に一枚裏表間違えたという大きなミスをやったけど、後は大したミスもなく順調。
初日は難関のファスナーつけまで。そして今日残りをやっつけちゃいました。
完成後はいてみたらお見事ぴったり!洗濯して縮むだろう分は大丈夫か?
で、一度洗濯して乾かしてから再びはいてみたら問題なし!ぴったり!!しかも洗濯したら柔らかくなってイイ感じ♪
ベルトループの位置がちょっとおかしかったからさっき直しました。

というわけで製作過程の写真を見たい方は以下スライドショーをどうぞ。

DSC03060
サイドのカーゴポケットは大容量!

DSC03061
IQ COMPANYのタグは手作りの証

DSC03063
ところどころにはいっている"USMC"マークは実物生地のみに入れる事が許されたマークです。

今日実際にBCではいてみました。伸縮でもなんでもないただのツイルだけど動きやすくてよかったよ。
夏用に半ズボンタイプもほしいかも。

今回初めて洋服を作ってみたけど、手順さえわかればあとはそんなに難しくないね。
いろいろとわかったから次はいちからパターンをデザインしてみたいな。


今日(4/28)の・・・
出来事:特になし
健康:右足首ねんざ?が相変わらず痛い
運動:BCで1時間
作る:カーゴパンツ
読む:シリンダー世界111
ToDo:GWの予定を考える!?

カーゴパンツ制作中

DSC03026

USMC(アメリカ海兵隊)のウッドランドデジカモな生地でカーゴパンツの製作を始めました。
難関のファスナーを無事クリアしたのでもう少しで完成でしょう。

↓↓↓難関のファスナー部分↓↓↓
DSC03024

裁縫の核心は手順を考える事。しかも必ず一撃、オンサイト能力が必要です。しくじるとそれはそれは大変な作業が待ってますので完璧に納得するまでオブサベーションをしっかり行うのが成功への近道だと思います。
出来上がったらまた紹介しまっす。


今日(4/25)の・・・
出来事:特になし
健康:花粉症が酷いです、くしゃみ止まらんかった。
懇願:父の回復
運動:なし
作る:wood land pixel camo cargo pants
ToDo:GWの予定を考える!

MEMORIA 5002

DSC02986

ヤフオクで落札しちゃいました。メモリア5002、3000円也!

家には既に2台のミシンがあるんですけど。。。1台はもう古ーいミシンでウッドデッキ用のタープを作った時、もうだめだって思ったの。ブツブツ文句言ってたら突然きっこが2台目のミシンを買ってきてくれたって訳。
このミシンもなかなか良くできてて優秀なんだけど、やっぱ最近の家庭用ミシンはパワー不足が。。。
バッグとか作ってて、縫い代が重なった部分とか針が折れるし進まないし。。。
って事でちょびっとだけ深沈厚重なミシンがほしいなって思ってました。

そんな時、たまたまハヤミのブログの過去記事みてて目に付いたのがこのブログ
「へー、イノさんとハヤミって同じミシン使ってるんだ~」と思って、イノさんのブログ内も検索してみたらココにありました。
二人ともヤフオクで格安で購入とあるし、ちょっとヤフオクで検索してみたら何件かヒットしました。
その中で、「ライトなし、取り説なし」ってのが3000円で出品されてて入札ゼロ。ライトなんてどうにでもなるし、取り説もいらんでしょ。実際に試し縫いした縫い目の写真がアップされてて動作は問題なさそうだ。
ってことで冷やかしで3000円だけ入札。

入札したことも忘れてそのまま週末。
月曜日メールみたら「おめでとうございます。あなたが落札しました。」って。「ライトなし」を敬遠されたのか俺以外の入札は無かったのですね。最低入札額の3000円でそのまま落札できちゃいました。

DSC02973

そして数日後、プチプチに包まれてメモリアさんが届きました。
第一印象、おもいっ!!

DSC02964

未清掃ってことだったので、簡単にバラせるとこだけばらして掃除&注油。
でもそんなに汚れてなかった。もっと糸くずやほこりが固まってると思ってたのに。

DSC02985

ハヤミの忠告どおり、針とボビンは新品に交換したよ。

DSC02983

欠品のライトは口金サイズが合うのが手持ちになくてとりあえずライトなし。
今度LEDでもつけちゃうかな。

DSC02981

80’sなふるいミシンなのにコンピュータ制御でいろんなパターンが縫えたり、パターンを記憶できたり。。
そこまでの機能を使う機会はなさそうですが。

DSC02979

いろんな「押え」が付属していて、そしてそれらが整然と整理収納できるようになっているのは素晴らしい!
こんなミシンが格安で手に入ってウレシイ次第でございます。

要らない生地の端切れでいろいろと試し縫い。
そしてメモリアさんの最初の仕事はフットコントローラーのケーブルをまとめる黄色いベルクロを縫いつける仕事でした。
とりあえず今は作りたいモノが特にないので、本格的なメモリア始動はもうちょっと先になると思われます。

勿論、きっこに買ってもらったミシンもこれからも活用しますよぉ~~

※ マニュアルはジャノメお客様相談室にメールしたらPDFファイルを送ってくれました。

Hand Made Battery Holder (for 18650)

18650バッテリって沢山溜まっちゃいますよね。しかし再利用するところがなかなかなくて宝の持ち腐れしてませんか?
私の部屋にも探してみたら15本もの18650がありました。まあ何本かは劣化して使い物にならないかもしれませんが。。
この18650バッテリを有効活用できないか検討したところ、ナイトランで使うライトを全部18650仕様にしてしまえ!という結論に達しました。
ライトの改造はとりあえずおいといて、簡単なスペアバッテリホルダを最初に作ってみました。
大容量なのでUTMFでもスペアが4本あれば十分だろ?と思い、とりあえず4本用を作成。
すぐに取り出せる様に。。。というか見た目重視でwwwショットガンの薬莢ホルダーっぽく。。

DSC02106

こんな感じにできました。かっこいいwww
使い勝手なんて全然考えてませんwwww

DSC02108DSC02109DSC02110

裏は全面ベルクロ。
ベルクロをジグザグで縫ってはダメなんでしょうか?
デニム用のぶっといミシン針が3本も折れました。。

固定は幅広のゴムバンドのみ。
きつすぎず振っても電池がすっぽぬけないぐらいのきつさにしてあります。
経時劣化してきたら使えないですね。

端の処理とかしてないです。厚過ぎてできないからやめた。
まあいいです。テストですから。

いま使ってるプリンストンテックのヘッデンは外部バッテリケースが使える様に改造済みなので、18650が2本入るバッテリケースを今度作ります。
もうひとつ手持ちのライトは。。。フフフ。。。

———-
今日の・・・
出来事:サキが大阪旅行へ行った
健康:血圧高し!
物欲:なし
懇願:なし
運動:なし
作る:Boseのヘッドフォン修理(土曜日の話)、上記バッテリホルダ、vaioのバッテリ換装
聴く:j-wave tokio hot 100
読む:なし
善行:なし
懺悔:なし
良運:なし
不運:なし
仕事:設計とテスト実装
買物:特になし
飲食:なし
ToDo:18650バッテリケースの制作