タグ別アーカイブ: book

CIMG0822

渚にて/ネヴィル・シュート

CIMG0822

ネヴィル・シュートの「渚にて」を読みました。原題は"On The Beach"
Kindleで「あなたにおすすめ」ってあったからどんな内容か全然知らずに購入して読んだら、これが超面白くてハマった。

かるーくネタバレ、というかあらすじ。

第3次世界大戦後の話で、北半球では4千7百個以上の水爆とコバルト爆弾が炸裂し、戦争は短期間に終結。しかし濃密な放射能が北半球をおおいそれに汚染された諸国はつぎつぎに死滅。かろうじて生き残ったアメリカの原子力潜水艦スコーピオン号は、放射能帯を避けてメルボルンに避難してきた。オーストラリアはまだ無事だった。しかし、おそるべき放射能は刻々と南下し、人類最後の日が迫っていた。

と、まあ、設定自体はよくありそうな世紀末的な内容なんだけど、そこにある人間ドラマの描写がうまいことうまいこと。
切なく悲しいストーリーなのに最後まで飽きさせず引き込まれてしまいました。

あとがき読んでしりました。この小説、なんと1957年初刊だそうで「終末テーマの一大傑作として世界的に読み継がれて」いるそうです。知らなかった。。そして2度も映画化されてるそうです。DVD探してこよ。
"On The Beach"には「陸上勤務となって」「零落して」等の意味もあるそうです。なるほど~

ネヴィル・シュートの他の作品も探してみたけど電子化されてるのはこれだけでした。残念。

ちょっと甘いかもしれないけど満点の
★★★★★

DSC02883

Iron Sky

昨日買ったこの本、今日は電車移動が多かったので一日で読み終えちゃいました。行間が広かったってえのもあるんだけど。

話題になってたお馬鹿映画の脚本本、映画観に行かなかったので本を先に読むのはどうかと思ったんだけど読んでしまった。
いやいや、なかなかお馬鹿で面白かった。こおゆう小説?SF?コメディは楽しむに限る。真面目に考えちゃだめ。
後半のあの方の登場はびっくりしたな~~

ブルーレイになるのが楽しみです。

★★★☆☆

映画のトレーラー

DSC02880

BLACK OUT / Marc Elsberg


話題になってたマルク・エルスベルグの『ブラックアウト』読みました。
ヨーロッパのほとんどで停電になるっていう内容。まあそれだけなんだけどなかなか恐ろしいね。広範囲なんで援助もままならない状況。
そして、まあ、福島の事故がインスパイアされてるのは話の展開から良くわかって、非常用電源を確保できない原発がメルトダウンを起こして。。。
これだけでも結構恐ろしい話なのに、まあ、なんと、これら一連の停電がテロリストによる同時多発クラッキングによるサイバーテロって展開に。
そしてそれを解決するきっかけがこれまたハッカーのおかげとか。
出来過ぎな展開とか、それはちょっとぉないでしょぉ~とかな点もあったけど、でも結構ハラハラドキドキで引きこまれて行きました。なかなかおもしろかったよ。
技術的に詳しくない人の方が楽しめる作品だと思うw

★★★★☆

DSC02332

Ship Breaker / Paolo Bacigalupi

パオロ・バチカルビの「シップブレイカー」読み終えました。
この人の描く未来観って最高!!楽しい作品でした~
前作の「ねじまき少女」ほどの衝撃はないけど、その分とても現実的(未来的にって意味で)に感じられた。
私としてはねじまき~の方が好きだけどさ

★★★★☆

DSC01944

The Thing

「遊星からの物体X ファースト・コンタクト」のシナリオ本を読みました。
映画みた直後から読み始めたのでひとつひとつのシーンがよみがえるよみがえる!
セリフまで全く同じで映画をもう一度観た感じです。
ただ、一部映画では採用されなかった部分がありました。なくても話は通じるんだけど、あるとより辻褄があってよかったですね。
ケイトに惚れるカーターとか、ピアスの事とか。DVDになるとき、ディレクターズカット版とかあるのかな?

でぇ、一番の衝撃は映画にはなっていなかったエピローグ。
予想はしていたけどやっぱりね。ふふふ。。。

ひと月後にネタバレエントリーしようっと♪

★★★★☆

DSC01943

BIG MIRACLE

映画「だれもがクジラを愛してる」の本を読みました。
アラスカで氷に閉じ込められた3匹のコククジラを助けるっていう実話。
氷に閉じ込められて死んでしまうコククジラは珍しいことじゃないらしい。たまたまこの3匹は映像が記録されて全米に流れたから助けてもらえただけ。
マスコミの視聴率争い、グリーンピースのエゴ、皮算用で協力してくる企業や人々。。
気が付かなかったら自然淘汰されていただろう3匹を救うのにいったいいくらのお金をつぎ込むのか。。。

たしかにクジラを助ける作戦がうまくいけば嬉しいけど、その背景がいやらしすぎてうんざりしました。
逆に言うならそのへんをうまく描画しているのは良かったのかも。

映画はそのへん、どんなふうに描いているのかな?
クジラ助かって良かった!でおしまいなのかな??だったら観る価値ないな。

★★☆☆☆

DSC01724

Bone Shaker / Cherie Priest

シェリー・プリーストという女性作家の作品。このボーンシェイカーで大ブレイクしたそうです。
本屋で平積みになってて、帯の「ネオスチームパンクの最高傑作、ローカス賞受賞」が目に入って買いました。
まあ、帯の売り文句は誇大されてることが多いから、「最高傑作」とかはあてにしてないけど、「ネオスチームパンク」なる言葉が気になる。スチームパンクは大好きだけど、「ネオ」ってなに???

「ネオ」の意味は読みだして直ぐにわかりました。なるほどね~これは新し面白い。

基本ブログに書評をエントリする時はネタバレを一切しないようにしてるんだけど、ゾンビが出てくるっていうのは書いてもいいよね?
あ~書いちゃったw
つ、帯に『狂気の機械「ボーンシェイカー」が生み出したゾンビが跋扈する閉鎖都市での冒険譚』って書いてあるじゃん。

読み終えての感想。面白かった。煮え切らない残尿感wが良い感じww
ま、とはいえ、こじんまりしてて盛り上がりにかける感じは否めないのですが。。。

後書きに映画化が検討されてるとか書いてあった。楽しみだ。
これは映画にしたら面白いかも。できるだけ原作に忠実に映画化してほしいな。でもそしたらヒットはしないだろうけどwwww

★★★☆☆

DSC01628

Do Androids Dream of Electric Sheep? / Philip K. Dick

最近本の話が続きますが。。
映画「ブレードランナー」の原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?」を読みました。3回目(4回目かも)
やっぱ面白いですね。レイチェルかっこいい♪
この世界観って当時すごいインパクトあったから影響受けた人多いはず。

そおいえばinox running packのたぶん完成された最初のモデルがレイチェルですね。
あと、sonyのAndroid搭載スマホ、XPERIAの開発コードがレイチェルだったというのも有名な話ですな。

★★★☆☆