CIMG3050

自作リフロー装置への道 (3)

いよいよ内部の改造
上下のヒーターとファンを別々にスイッチできるようにそれぞれの電源ラインにSSRを入れました。
なんか昔作った時に買って余ってた秋月のSSRキットを使いました。
ヒーターの上下は別々に制御するのかわかりませんがとりあえず別にしとけば後でどうにでもできます。
トライアックは念のために放熱板つけました。これも部品箱に余ってたやつ。これ上にもねじが切ってあったので写真みたく適当な穴に固定しました。

CIMG3052

アルミのダクトテープが貼ってあるのは、なんか作り付けがチャチくてファンの隙間があいてたから。
余計なとこから熱風が入ってこられても困りますから。

CIMG3050

上の写真でわかるでしょうか?SSRを3個使ってます。前の方の上部から熱電対を庫内に入れてます。
そしてファンの右下にある黒いのが小型のスイッチングアダプタです。コンセント使うスペースなかったのでスイッチングアダプタに直接はんだ付けしてます。
ちなみに写真で見えるファンの羽はモーターの冷却用で、板金の反対側、内側にメインのファンがついてます。が、しょぼいぐらい風量すくねーし。。

↓ACアダプタ部分のアップ写真
CIMG3051

制御基板はフロントパネルに固定して、フロントからアクセスできるようにするつもり。
なので、もう、筐体は元のように組み立ててもOKです。
でもその前に一応SSRの制御線をHIGH/LOWしてみてヒーターやファンがON/OFFするのを確認しました。
そして、筐体を元通りに組立!

CIMG3055

フロントに出てきている線は
・ACアダプタからの電源ライン
・熱電対
・SSRの制御線3本とグランド1本
です。

(4)につづく~